Serviceサービス

  1. ホーム
  2. サービス
  3. 企業研修
  4. テレワークマネジメント

企業研修

テレワークマネジメントオンライン対応可

対面できない環境でチームの力を引き出す

社会環境変化に適応する狙いから、また、ワーク&ライフシナジーを実現する効率的な時間活用の側面から、テレワークが急速に普及しています。様々なメリットの一方で、上司~部下間やチームメンバー間の信頼関係の希薄化、部下とのタイムリーなコミュニケーションの取りにくさ、業務進捗や成果の正確な把握の難しさ、といった、組織マネジメント上のデメリットも顕在化してきました。

本研修では、テレワークで成果を挙げるための課題を明らかにし、マネジャーが取るべき具体的な対処法を考えていきます。

ねらいGoal

効果的なマネジメントを通じて組織の生産性を高めるスキルを学ぶことを狙いとします。テレワークマネジメントの課題を正しく把握し、マネジャーがアップデートすべき役割と、役割遂行のための心理学的考え方(心理的安全性、X理論・Y理論)等を学び、演習を通して実践力を磨きます。

特徴Feature
  • テレワークマネジャーとしてアップデートすべき事柄の中でも、特に「テレワークでのマネジメントスキル」「オンラインでのチームメンバー間の信頼関係構築」にフォーカスし、講義とディスカッションを織り交ぜて考察します。
  • テレワークに関する映像視聴、および受講者各自の体験に基づくテレワークの課題発掘と考察(いずれも事前課題)で、現状への認識を深め、研修への参加意欲を高めます。
  • 研修当日は、実務上の課題を心理学的側面から考察しながら、受講者同士のディスカッションを繰り返し、各自のアクションプランを立案します。さらに、アクションプラン実践後の振り返りを事後課題とし、実務での活用を促します。
  • 特に期間実践コースでは、「事前学習→研修→実践と振り返り」を繰り返し、高い実践効果を目指します。
イメージ
最適なお客様(企業・組織)Suitable customers
  • 全ての業種、組織
  • テレワークを部分的もしくは全社的に導入済みで、生産性向上を課題と捉えているお客様
受講対象者Participants
  • テレワークに携わる管理職、組織リーダー、プロジェクトマネジャー
  • 今後、テレワークマネジャーとして活躍が期待される方
コース構成Outline of Contents
A:期間実践コース事前課題+半日研修+中間課題+半日研修+事後課題
テレワークマネジメント研修_期間実践コースのプログラムとアクションラーニング概要
B:1日コース事前課題+1日研修+事後課題
テレワークマネジメント研修_1日コースのプログラムとアクションラーニング概要
コンテンツイメージSample Contents
  • コンテンツイメージ
  • コンテンツイメージ
  • コンテンツイメージ
  • コンテンツイメージ
タイムテーブルTime Table
A:期間実践コース
テレワークマネジメント研修_期間実践コースタイムテーブルおよび個人ワーク・ペアワーク・グループワークの進め方
B:1日コース
テレワークマネジメント研修_1日コースタイムテーブルおよび個人ワーク・ペアワーク・グループワークの進め方
研修の様子
研修のご依頼は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
TEL 03-6453-6048(平日 9:30~17:30)
土日・祝日はメールでお問い合わせください。
お問い合わせ
関連研修
  • ロジカルイノベーション業務改善や新規開発の思考パターンを論理的に学びます。MORE
  • ロジカルシンキング課題を解決するツリーやMECEなどの基礎フレームを学びます。MORE
  • 医療営業・製薬MRの対話力オーソリティのニーズを捉え信頼を勝ち取る対話力を学びます。MORE
  • 金融機関の渉外ソリューション営業顧客の潜在ニーズを捉え金融商品のベネフィットを提案します。MORE