Column & Informationコラム&お知らせ

  1. ホーム
  2. コラム&お知らせ
  3. スタッフブログ
  4. 戦隊ヒーローのスタンダード=現代のリーダーシップ像? 

戦隊ヒーローのスタンダード=現代のリーダーシップ像? 

みなさんは子どもの頃、

テレビでヒーロー戦隊シリーズはご覧になっていましたか?

ウルトラマンや仮面ライダー・・・

様々なヒーローたちが活躍しています。

 

先日、4歳の息子を連れて、

初めて「ヒーローショー」を見に行ってきました。

出演者のアクションや舞台設備など、とてもクオリティが高く、

大人でも思った以上に楽しむことができました。

 

そんなヒーローショーを見ていて思ったことが、

“最近のリーダー役のキャラクターが昔とは変わったなあ” ということです。

 

私が子供の頃(今から30年ほど前)に見ていたのは、

“俺が一番強い!”

“ついてこい!”

みたいなタイプがリーダーだった気がするのですが、

現代のヒーローショーのリーダーは、

どちらかというとのび太君のような頼りないタイプ。

でも気持ちだけは一番ピュアで熱い想いを持っていて、

その気持ちに惹かれて集まった仲間たちと支えあいながら

力を合わせて戦う・・・というようなキャラクターでした。

 

子どもが見ている他のアニメなども気にして見ていると、

同じような傾向がみられます。

 

そこで思ったのが、

弊社リーダーシップ研修テキストより

弊社リーダーシップ研修テキストより

弊社のリーダーシップ研修などでも取り上げている

2つのリーダーシップ

「支配型リーダーシップ」「支援型リーダーシップ」です。

 

支配型リーダーシップは、

その名の通り「指示命令・手本・教示」

などを用いてリーダーシップを発揮します。

経済成長期・単一性の時代には有効な手法でした。

 

対する支援型リーダーシップでは

メンバー一人ひとりに寄り添って支援し、ともに成長を目指します。

こちらは不確実性の高い多様性の時代に有効な手法といわれます。

現在はまさに不確実性の高い、多様性の時代。

 

現代のヒーローは、やはり時代を反映して

「支援型」になるのかなあと、そんなことを思いました。

 

 

ちなみにもう1つ気づいたことが、「完全な悪役がいない」ということ。

どのアニメも、元仲間が悪役になってしまったり、悪役が仲間になったり、

悪役の事情を描いたり・・・

「完全に悪」というキャラクターがあまり出てきません。

 

こちらもやはり不確実性の高い、多様性の時代を反映しているのでしょうか。

 

昔の“支配型”リーダーシップで育った私たち世代は、

これからの時代に必須になる“支援型”リーダーシップを

積極的に自ら学ぶ必要性を感じました。

 

弊社でもリーダーシップ研修はもちろん、

マネジメント研修メンター研修など、関連する様々な研修をご用意しております。

ご興味ある方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ!

  • 2021/10/07
  • スタッフブログ
  • 投稿者:鈴木 真代