Column & Informationコラム&お知らせ

  1. ホーム
  2. コラム&お知らせ
  3. スタッフブログ
  4. 女性と仕事

女性と仕事

先月の葛西からバトンを受け取って、今月は追われる女性
私、アシスタントの谷が自分自身の体験から
「女性と仕事」のテーマで書いてみたいと思います。

私自身は、高校生の息子を持つ母親として、
多忙な夫を支える妻として、家事の大半を担って
フルタイムで働く身です。

思えば社会人になってから20年ちょっと、
駆け足で今日までやってきました。

その間、何度か勤め先を変えたり、夫の海外駐在に
帯同して中南米で暮らしたり・・・怒涛の日々でした。

今の私が思うのは、女性のキャリアは

「これが正解」

という見本はなく、100人いれば100通りあり、
どんな経験も仕事に活かすことができるのではないか。
ある意味キャリアが途切れるとは無縁なのでは、ということです。

私自身、これまでの人生の中で、いくつか仕事と人生を見直す
きっかけになったイベントがありました。

1つは、出産です。

17年ほど前に息子を出産して、産後休暇と1か月の育児休業を経て、
出産から3ヶ月後に仕事復帰しました。

・残業ができない

・保育園からの電話で急に早退せざるを得ない

・何しろ時間がなく、スキルアップの勉強の時間も取れない

「会社が私を雇い続けるメリットなんてあるんだろうか?」

と当時は、私って迷惑社員だなぁと職場復帰して
半年くらいはずっとそう思って過ごしていました。

何度も辞めようと思ったこともありましたが、

「このプロジェクトを責任持ってやり遂げたら・・・」

そんな想いを抱きながら目の前の仕事を夢中でやっていました。

いざプロジェクトが終わると、時間に制約があることに
周りが慣れて、配慮されるようになって

「もう少し、続けられるかも・・・」

1つ1つ壁を乗り越えてやってきました。

その後、夫が単身で駐在をし、日本に残った私は、
綱渡りの毎日で仕事を続けてきましたが、最終的には
駐在先について行くことで辞めることになりました。

そう、2つめに大きなイベントは海外駐在です。

行先は、少し生活に危険の伴う中南米。
さすがにここでキャリアが終わったかと自分でも思いましたが、
行ってみたら、苦労の連続ながらも、色々な事を学んだ数年間でした。

その後、日本に戻って、縁あって、このメンター・クラフトに入社、
そして今があります。

小さい会社ですので、営業アシスタント・経理・人事・総務すべて
やっていますが、これまでの仕事経験がすべて活かすことができ、
社内外のコミュニケーション、振る舞いの面で社会人としての
経験が大きく役立っています。

仕事と家事の両立の面では、不便な海外駐在生活で家事スキル
の腕をあげたことが、効率化に大きく役立っています。

何が功を奏すかわかりませんね。

しっかり計画を立てても、色々な要因で計画変更をせざるを得ない
のが女性のキャリア。

私は結果的には行き当たりばったりでしたが、計画変更があっても
次にどう進むかを前向きに捉えられれば、可能性は大きく広がるし、
人生楽しくなるのではないかと思っています。

 

弊社でも女性向け研修のご相談が最近多くなってきました。

弊社講師も受講者の反応を見ながら、試行錯誤でやっている部分は
ありますが、私も意見を言う機会があり、やりがいを感じています。

これからも、女性社員活躍に悩む人事の方々にいい研修を提案して
いきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

  • 2017/06/30
  • スタッフブログ
  • 投稿者:谷 祥子